糖尿病の症状 目のかすみとは?目の充血の原因とは

糖尿病になると、さまざまな合併症を起こしてしまい、腎臓だけではなく、目などにも合併症が現れます。

糖尿病による目の合併症は生活に支障を出すほどの視力の低下や失明などを起こす原因にもなります。視力は、私達にとって最も多くの情報を得られるものです。視力を失うと人生には大きな支障となってしまいます。

糖尿病の合併症を避けるためにも糖尿病によって引き起こされる目の合併症には、充分な注意が必要なのです。事前に糖尿病の目の症状と原因をしっかりと押さえておきましょう。

糖尿病の症状による目のかすみとは?

糖尿病の症状による目のかすみとは糖尿病網膜症が少しずつ進行している状態です。糖尿病網膜症を放置しておくことによって、糖尿病網膜症がさらに進行してしまい、視力低下や失明などを起こす可能性があります。

糖尿病網膜症には、段階があり、進行していくと、目にさまざまな症状を起こします。糖尿病網膜症は網膜と言われている物を見るために重要な役割をしている部分が、血糖が高い状態が続くことによって、網膜にある細い血管が傷ついてしまい、血管が詰まったり、変形します。

また、血糖が高くなるという原因で網膜が剥がれ落ちてしまい、目がかすんだり、視力低下などの網膜剥離を起こす可能性が高くなります。では糖尿病による目の充血の原因にがあるのでしょうか。

糖尿病による目の充血の原因とは

糖尿病による目の充血の原因とは、糖尿病網膜症になってしまうことによって、網膜の血管に酸素が行き渡らなくなってしまうため、網膜が酸欠状態になり、酸素を補おうと新しい血管が生み出されますが、網膜の欠陥は脆いため、出血状態を起こしやすく、目が充血してしまいます。

しかも、目の充血は、糖尿病の初期段階として表れるものでもあり、最初は小さな点状の出血を起こします。初期段階の場合は血糖値をコントロールすると改善する場合もあります。

しかし、糖尿病網膜症を放置しておくと、目が充血するだけではなく、眼球の硝子体といった、目の大半を占める部分が出血することもあり、失明や視力が低下する可能性があるのです。

糖尿病による目の症状は自覚症状が余りなく、急に視力が低下するという可能性もあるので、糖尿病になった際には、眼科の眼底検査などを受けるようにしましょう。

このように、糖尿病による目のかすみや目の充血は、初期の段階であれば、改善することができる可能性もありますが、進行している場合には、視力低下や失明が起きてしまいます。

目の合併症は仕事や生活にも影響があり、大変危険な症状です。血糖値をコントロールすることによって、目の症状が改善する可能性もあるため、糖尿病の際には必ず、眼科で行われている検診を受けるようにしましょう。

糖尿病治療ランキング 糖尿病予防改善・予防法ランキング 高血圧予防ランキング 高血圧改善治療・予防法ランキング

このページの先頭へ