糖尿病とは?インスリンが正常に働かなくなる原因とは

もしかすると、あなたの知り合いの中にも、糖尿病を患い、つらい闘病生活を送っている方もいらっしゃることでしょう。重度の糖尿病になると、インスリン注射や人工透析が必要になり、日常生活に大きな支障をきたします。

糖尿病は生活習慣病といわれていて、糖尿病の総患者数は約260万人を超しているといわれています。また、糖尿病患者はさらに増え続けているといわれているため、様々な方がかかりやすい病となっています。

しかも、糖尿病にかかることによって合併症が発症し、亡くなる可能性は非常に高いため、かからないようにしなくてはいけない病なのです。

血糖値をコントロール!インスリンや薬に頼らない画期的な方法

糖尿病とは

糖尿病とは、血液中のブドウ糖が細胞にいかず、血糖値が異常に高くなる症状のことです。長い期間にわたり血糖値が高くなることで、体内に様々な悪影響を与えます。

体は食事を摂ることで運動や勉強だけではなく、生きるため必要なエネルギーを摂ることができます。エネルギーは、炭水化物などから作られる糖分から得ることができますが、糖尿病になると、エネルギーを作り出すことができなくなります。

これは、すい臓から分泌されるホルモンのインスリンが分泌されないためにおこります。インスリンは血液中の血糖・ブドウ糖を調節してエネルギーにする働きを持ちますが、そのインスリンの量が少なくなる、あるいは正常に機能しなくなることで、ブドウ糖が細胞に行きわたらず、そのまま血液中に残るため、血糖値が高いままの状態が続くのです。

インスリンがなくなることによって、体にエネルギーを与えることができなくなるため、体がだるくなったり、力が入らなくなる場合もあります。

さらに、糖尿病は、いくつかの大きなタイプに分けることができます。1型糖尿病や2型糖尿病、妊娠糖尿病や若年性糖尿病があり、ここから見るとかかるタイプだけでも非常に多くの糖尿病があります。しかも糖尿病は年齢が高い方だけがなるわけではなく、現在では年齢が若くても糖尿病になることもあるのです。

インスリンが正常に働かなくなる原因とは

インスリンが正常に働かなくなる原因は、糖尿病のタイプ別に分かれてしまいますが、かかる方が多い2型の糖尿病の場合は、食事や肥満体系の方が多く、食事を多く摂りすぎることによって、インスリンが分泌されます。

しかし、インスリンが分泌されることによって、体にはエネルギーがたまります。この時に、体を動かしていなかったり、運動を行わない方はエネルギーの使い道がなくなってしまうため、余ったエネルギーは脂肪へと回されることになります。

何度も同じことを繰り返していると、インスリンを分泌しているすい臓が疲れてしまうため、インスリンの分泌量が減ったり、以前とは同じ力を出すことができなくなるのです。これがインスリンが正常に働かなくなる主な原因です。

血糖値をコントロール!インスリンや薬に頼らない画期的な方法

たった3日で糖尿病を改善!キツイ運動も薬も使わない食事療法

糖尿病治療ランキング 糖尿病予防改善・予防法ランキング 高血圧予防ランキング 高血圧改善治療・予防法ランキング

このページの先頭へ